最新記事
プロフィール

つじお

Author:つじお
旅に惹かれ始めた。
どんな旅になるのか、どんな結果が待っているのか。
まるで想像がつかない。

今までの人生の中で、まるで想像がつかないことを
僕はしたことが無い。
初めて『夢』という言葉と向き合うことになった。
僕は初めて、人生を生きることにしたのかもしれない。

worldshifterカウンター
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村

新しい旅の始まり

オーストラリアから帰国して1ヶ月が過ぎた。
あの全てが新鮮で毎日が冒険だったアジアとヨーロッパの旅を終え、
外国に住むということの大変さと面白さを教えてくれたオーストラリアのワーホリが終わった。
文字通り、僕の一つの旅がここに完結したと言っていいのだと想う。


アジアとヨーロッパを周りながら、その土地に住む人々の姿を見て感じていた。
家族を想い、友人を大切にし、日常に多少の不満を持ちながらも、笑って暮らしている。
僕が出会う現地の人達は、誰もが皆、独りじゃなかった。


旅の中で、どれほどの孤独を味わっただろう。
道中でどれだけの親切な人達に出逢っても、
気の合う旅仲間が出来ていっても、
SNSで簡単に日本の皆に繋がれるというのに、
僕の孤独感は決して拭い切れなかった。
そして、その孤独感が拭えない訳を僕は知っていた。


今日1日の出来事をお互いに分かち合い、
お互いの喜怒哀楽を共に味わい、
少しずつ少しずつお互いの理解を深めていく。
自分自身の人生がより豊かで鮮やかなものに変わるのは、
体験した物語を、互いに聞いてくれて笑ってくれる人がいつも隣にいるからだって。
そしてもし、そんな人がこの先ずっとそこにいてくれるのなら、
僕はもう何もいらないのだろうなって。
僕が旅で見つけた一つの答えは、誰もが日常の中で気付くような、そんな単純なもので。
でも、僕にはとても、重たいものだった。
ずっとポケットに入っていたのに、決して見つけられなかったもの。
そんな小さな不思議な小石が、僕にはとても大事で大切な答えだった。


だから僕は、今、新しい旅に出ようとしている。
それは文字通りの旅ではなくて、日本という慣れ親しんだ国での日常という旅。
ここからは、もう僕だけの人生を歩むんじゃなくて、
誰かのために生きてみたり、誰かと共に生きていくためのもの。
見つかるのに馬鹿みたいに時間が掛かってしまったけれど、
他の人たちからは随分と出遅れてしまったけれど、
ここからは、僕等の旅の始まり。


この先はきっと、うまくいかないことも多いのだろう。
誰かと比べてしまったら、貧しさを感じることもあるのかもしれない。
豊かさを求め始めたら、そこにキリなんてないのでしょう。


ただ、それが不幸かって言われたら、
僕は絶対違うと想っていて。
それは、僕が見てきた世界が、決して不幸という景色の連続ではなかったから。
そこには、僕が人生かけて求めたくなるような、人びとの温かいつながりがあった。
大変さの中に生きている人たちは、小さな幸せを見つける優れた発見者だった。


不安はあるけど、ワクワクもしている。
新しい出発はいつだってそんなものだろう。
僕らが人生で成さなければならないことなんて何もなくて。
自分の望む生き方にただ、寄り添えばいいんだと想う。
そんな生き方を、これからもしていこうじゃないか。
だってもう、言うほど時間は残されちゃいないんだから。



2016.06.11